広告マーケッターの考え方

広告マーケッターとしては、効果的に購買層に広告が届き、関心を持ってもらいたいと考えます。ただ広告を打つ分には誰でもできますが、この世代、この性別に確実に宣伝したい場合にどういった方法で、どの媒体で働きかけるかは重要ですし、知識がなければできません。1回の広告で最大の効果を発揮できるかどうか、これを広告マーケッターは考えます。

今までだと新聞広告やテレビCMが主流でしたが、自宅で新聞を読まない層が増え、テレビも見ないという人が増えてきました。こうなると既存のやり方では宣伝内容を一切知らないまま生活するという人も出てきます。とはいえ、新聞もテレビも見ないという人は何かしらのメディアの影響を受けていますし、それがなければ生活できません。そうなると、例えばポータルサイトやスマートフォンのアプリ、SNS、動画サイトといったものが対象となっていきます。

とはいえ、日本では情報にお金を使うということは一般的ではなく、無料で利用するには広告を見なければならないということについても、分かってはいるものの厄介としか思っていません。動画サイトでは数秒したらスキップできる機能がついていますが、早々にスキップする人が多いため、今度はスキップできない数秒で、見てもらうように問いかけるといったことがなされるなど、常に顧客の対応を見ています。

既存のものへの知識はあっても、SNSでの効果的な方法に関する知識がないという広告マーケッターもいます。どの分野にも精通する知識があるかどうか、これが広告マーケッターの評価を大きく左右します。

広告マーケッターの具体的な仕事内容

広告は企業のマーケティングに関して、とても重要な意味合いがあります。広告マーケッターという仕事内容は、消費者に対して広告を通じて、マーケティングを行っていくというものです。

Category Introduction

カテゴリーイメージ

広告を見る人の考え方

交通、店頭、WEBなど、様々なありとあらゆるツールを使った広告たちが世の中には溢れています。

続きを読む ⇒

カテゴリーイメージ

広告マーケッターの考え方

広告マーケッターとしては、効果的に購買層に広告が届き、関心を持ってもらいたいと考えます。

続きを読む ⇒

カテゴリーイメージ

広告の出稿主の考え方

広告の出稿主の考え方は、いかにして費用対効果を考えているかの一言に尽きます。

続きを読む ⇒

カテゴリーイメージ

広告のまめ知識

インターネット上で利用することができる広告の種類は多種多様です。

続きを読む ⇒